ルアンポー・プラモート・プラモートショー

スアン・サンティタム

そもそも、ダンマは身近にあり、すごく近いものである。自分自身のことである。ダンマの範囲は極めて、簡単である。単なる“どうすれば、苦が生じない”だけである。ダンマを修行するには、“苦とはどこにあり、どのように生じ、どうやって消すのか?”を徹底的に修行すればよいであろう。そして、ダンマの達成は苦を脱出するまでの実際の修行にある。厄介で豊富な知識のため、奇妙にダンマが分析できることとは全く関係がない。

「ダンマ」 (梵語: Dhamma)- 法 (仏教)、ダルマ (ジャイナ教)を参照。また、ヒンドゥー教において宇宙の法と秩序、正義を司る神の名でもある。

尊いルアンポー・プラモート

尊いルアンポー・プラモートはチョンブリ県のシラチャ郡にある“スアン・サンティタム”(平和であるドルマの園)で在住している。ルアンポーは真の道を理解して自分自身が解脱しようと努力する人々のために、ダンマを教えている。

ルアンポーの前に、なるべくホールの中心に席の列を作り、教えを聞くために、早朝から1時間半のドライブに出かけたバンコクの住民は、自らの修行についての懸念を表明し、個々のアドバイスを受ける。 (通称は“宿題を提出する”と言われる。)
タイ国内だけでなく海外へも、人々の心を目覚めを助け、疲れを知らないルアンポー・プラモートは近年、最大の仏教の啓蒙運動の中心になってきていると知られている。

ルアンポーが7歳の頃から瞑想を始めたが、やっと、2001年に出家をして、多くの恩師に出会った。そのうち、ルアンポーは自身で、ルアンプー・マン・プリタットウー(北東部の森林僧院の大僧侶)の初期の弟子であるルアンプー・ドウンの本質的な教え子であると確信する。

タイでは、尊い僧侶に対して、年齢と年齢の差によって、名前の代わりに又は名前の前には、ルアンポー(หลวงพ่อ ポーとは“父”である) 、ルアンプー(หลวงปู่“プー”とは祖父である)、 ルアンター(หลวงตา“ター”とは祖父である) を付けて呼ぶ習慣がある。 一般には自分より若い僧侶にも“ルアンピー”(หลวงพี่ “ピー”は兄の意味である)をよく使われている。

当ウェブdhamma.comはルアンポー・プラモート・プラモートショーの弟子達及びダンマ・メディアファンドによって作成され、その主な目的としては、お釈迦様の仏法を収集・普及するためである。特にルアンポー・プラモート・プラモートショーから教える日常生活の中における意識の自覚法、自分の体・心の変化を素直・真正に意識する方法である。
ルアンポー・プラモートの在住する僧院は, タイ王国チョンブリ県シラチャ郡にあるワット・スアン・サンティタム寺院である。